投資・副業・仮想通貨詐欺

LINE支援金詐欺に注意!実際の事例と効果的な対処法を徹底解説

LINE支援金詐欺に注意!実際の事例と効果的な対処法を徹底解説
fuQMbdksBaiEF

LINEを使った支援金詐欺とは?3つのパターンを紹介

①高額当選の案内:「1億円ご当選おめでとうございます!」

LINEを通じて突然、高額な宝くじ当選の通知が届くケースです。手続きのために個人情報や手数料を要求されますが、当然ながら実際には当選していません。

②副業の紹介:「高収入副業案件のご紹介!」

副業を装った詐欺です。高収入を謳って情報料や登録料を要求し、支払った後に連絡が途絶えます。

③架空の団体を騙る:「アナタは支援の対象です」

架空の支援団体を名乗り、支援金が受け取れるとして手続き料などを要求する詐欺です。実際には支援団体も支援金も存在しません。

LINEによる支援金詐欺の事例を紹介

具体的な事例を通じて、LINE詐欺の実態を紹介します。

事例:20代女性が200万円詐欺被害

ある20代女性は、LINEで「支援金が受け取れる」との連絡を受け、手続き料として200万円を支払いました。しかし、その後連絡が途絶え、詐欺被害に遭っていることに気付きました。

LINEによる支援金詐欺の手口

詐欺業者がどのような手口で被害者をだますのか、具体的な方法を紹介します。

LINEで請求を促す

詐欺業者は、まずLINEで被害者に連絡し、請求を促します。メッセージは丁寧で信頼感を与えるような内容が多いです。

プリペイドカード等を購入するように指示する

次に、詐欺業者は被害者に対して、手続き料や登録料としてプリペイドカードや電子マネーの購入を指示します。手数料が安く済むという理由で現金振込ではなく、この方法を選ぶことが多いです。

カードに記載された決済番号を教えるように指示する

購入したプリペイドカードの番号を詐欺業者に教えるよう指示されます。被害者が番号を伝えると、業者はすぐにそのカードの残高を引き出し、被害者との連絡を絶ちます。

LINEによる詐欺被害にあわないための対処法

次に、詐欺被害に遭わないために実践すべき対処法を紹介します。

上手い話には詐欺を疑うことを習慣づける

「急に大金が受け取れる」といった話には、まず疑いの目を持つことが大切です。現実的でない話には注意しましょう。

相手の情報を精査する

詐欺業者が名乗る団体や企業が実在するかどうかを調べることが重要です。公式ウェブサイトや電話帳などで確認してください。

指示されても何も購入しない

詐欺業者から指示されても、プリペイドカードや電子マネーを購入しないようにしましょう。また、無理な要求に応じず、疑問を持ったらすぐに警察や消費生活センターに相談しましょう。

個人情報を入力しない

不審なメッセージやリンクを開いた際、個人情報の入力を求められても絶対に入力しないでください。これが後の被害につながる可能性があります。

LINEによる詐欺にあったら相談すべき場所3選

詐欺被害に遭った場合、どこに相談すべきか迷うこともあるでしょう。ここでは、相談すべき場所を3つ紹介します。

警察:犯人に刑罰を科してほしい場合

詐欺被害に遭ったら、まずは最寄りの警察に相談しましょう。捜査を開始し、犯人が逮捕される可能性があります。

消費生活センター:無料でアドバイスが受けたい場合

消費生活センターでは、詐欺被害に関する無料のアドバイスが受けられます。被害の状況を把握し、適切な対応方法を提案してくれます。

弁護士:騙し取られたお金を取り戻したい場合

詐欺被害で騙し取られたお金を取り戻すためには、弁護士に相談することをおすすめします。法的手続きを通じて、被害額の回収が可能な場合もあります。

番外編:消費者庁LINE:素早くリアルタイムで情報を受け取れる

消費者庁が運営するLINEアカウントでは、詐欺や消費者トラブルに関する最新情報がリアルタイムで受け取れます。友だち登録をして、詐欺被害の予防に役立てましょう。

LINEによる支援金詐欺にあったらまずは弁護士に相談を!

LINEを利用した支援金詐欺は多くの被害者を出しています。詐欺にあった場合は、まず弁護士に相談し、適切な対応をとることが大切です。また、警察や消費生活センターといった相談窓口も活用して、被害を最小限に抑えることが重要です。

まとめ

この記事では、LINEによる支援金詐欺の3つのパターン、具体的な事例、詐欺業者の手口、被害にあわないための対処法、そして詐欺被害に遭った際の相談先を紹介しました。詐欺被害は誰

にでも起こりうるものです。上手い話には疑いの目を持ち、相手の情報を精査し、無理な要求には応じないように心がけましょう。また、個人情報の入力も控えることが大切です。

詐欺被害に遭った際は、警察や消費生活センター、弁護士に相談することで、適切な対応が可能です。消費者庁のLINEアカウントを利用して、最新の詐欺情報をリアルタイムで受け取ることも効果的な予防策の一つです。

最後に、LINEによる支援金詐欺被害がこれ以上広がらないことを願っています。

記事URLをコピーしました